オープニングセレモニーの模様、掲載しています

令和6年2月11日 更新






第20回おひなさまめぐりin二見は、令和6年3月10日まで開催しています




夫婦岩で有名な伊勢二見浦。その春の風物詩『おひなさまめぐり in 二見』を今年も2月4日(日)から約一ヶ月間開催中です。会場は昔懐かしい雰囲気の建物が立ち並ぶ夫婦岩表参道(JR二見浦駅〜二見興玉神社の二見浦旅館街)を中心とする二見浦一帯です。二見浦のシンボル、夫婦岩のように仲良く寄り添うおひなさまに心を和ませつつ、潮香ただよう早春の陽光の下、一日ゆっくりとお過ごしください


■ 20回おひなさまめぐり in 二見 ■
2024年(令和6年)2月4日(日)〜2024年(令和6年)3月10日(日)
 


    三重県伊勢市二見浦一帯 (三重県伊勢市二見町  
 



   今年度の「おひなさまめぐりin二見」でも、例年通り「賓日館」と「二見生涯学習センター」を2大展示拠点として、65か所の旅館・民宿、立ち寄り施設、土産物店、飲食店をはじめ、一部、一般のお家にも展示協力をいただくほか、パンジーのプランターでお客様を温かくお迎え致します。
展示拠点となる「賓日館」では、今年度の創作展示テーマを「二見の神事」とし、雛人形たちで「神宮御園での野菜・果樹栽培」「御塩浜と御塩焼所での堅塩作り」「藻刈神事」などの展示を予定しているほか、江戸時代〜現代までの雛飾りや御殿飾りなど、1,500体を超えるお雛様が皆様をお迎えするほか、お抹茶席や真珠雛作り体験行事をはじめ、土日祝日を中心に数多くのイベントを予定しています。
もう一方の展示拠点である「二見生涯学習センター」では、これまでご好評いただいておりました大段飾りを数年ぶりに復活させ、人形たちの呟きが聞こえる吹き出しと吊るし飾り、毎年好評をいただいていながら昨年度は実施できなかった絵手紙展示の復活、縮緬細工展示、地元小学生の作品展示、キャラクターの着ぐるみ展示などを楽しんでいただくよう企画しています。
その他、JR二見浦駅でも段飾り、伊勢市二見総合支所では中央階段に地元保育園児の作品展示、二見公民館では「創作変わり雛」の展示など、それぞれ特色を持たせた展示を楽しんでいただけます。
また、スタンプラリーをはじめ、20周年記念特典の実施や賓日館での各種イベントなど、展示以外のお楽しみも盛りだくさんです。

後援・協力団体リンク
別ウインドウで開きます

かんこうみえ
■三重県観光連盟■

伊勢市観光協会
■伊勢市観光協会■

JR東海
■JR東海■

近畿日本鉄道
■近畿日本鉄道■

三重交通
■三重交通■

美し国、まいろう。伊勢・鳥羽・志摩
■伊勢志摩キャンペーン■

美し国エクスプレス
■美し国エクスプレス■

二見町旅館組合
■二見町旅館組合■

伊勢二見浦民宿組合
■伊勢二見浦民宿組合

二見シーパラダイス
■伊勢シーパラダイス■

伊勢・安土桃山文化村
■伊勢忍者キングダム■

     

主催■
おひなさまめぐり in 二見実行委員会、NPO法人 二見浦・賓日館の会

■後援■
三重県、伊勢市、(公社)三重県観光連盟、(公社)伊勢市観光協会
東海旅客鉄道株式会社、近畿日本鉄道株式会社、三重交通株式会社


Copyright おひなさまめぐり in 二見実行委員会 All rights reserved